FC2ブログ
SEO

振りペラが・・・

  • 2013/07/31(水) 01:59:28

このところ、ホールクロックの修理依頼が続いています。

P7151092.jpgP7151093.jpg
今回のホールクロック修理依頼・・・
振子を提げるパーツの振りペラが切れて
いました。
 時計材料店にかろうじて残っていた                          
 同じものと思われるパーツです。
 これで一安心と思ったのですが・・・
                                  
P7151094.jpgP7151095.jpg
本体に取り付けてみると・・・
長さが足りません。
何とかしない訳にはいきません。
 下部を二つに切り離し、真鍮を加工し
 て延伸しました。

P7151097.jpg これでやっと本体の分解掃除に取り
 かかれます。
 
 ホールクロックの修理依頼は
 お伺いしてそのものを見るまでは
 機械の状態が分からないので
 考えられるケースを何度も反芻しな
 がら現場に向かいます。

サザナミヤッコの夏
P1010005_08.jpgP1010025_03.jpg
3年前の夏に、式根島からわが家に
やってきた時のサザナミヤッコです。
体長は1.5cmほどでした・・・

 1年後の夏です。
 中央のサンゴが左のものと同じもの
 です。

P8010059.jpgP7311161.jpg
更に1年。
2年目の夏・・・
縞模様がこんなに増えました。
体長は10cm

 3度目の夏を迎えた今・・・
 こんなに大きくなりました。
 体長15cm、縞模様が薄くなり
 成魚の体色も出てきました。
 シリビレの下の褐藻の生えたサンゴ
 がやはり同じものです。  


              なつ・・・そう 夏です!
              店主の体にも、また夏が・・・
              身一つで海中に潜り、海の宝石を
              追いかける気力が・・・
              また還ってきました!

              ひたすら海辺用の体作りの最中です。
 
でも、なぜこうまで海に惹かれるのか・・・
それは・・・そこにパラダイスがあるから
日差し
海面から大きく息を吸い込み、体の力を抜き一気に海中へ・・・
2m、3m・・突然パラダイスが訪れます。

空気中で呼吸をするよりはるかに楽なのです。
肺の空気が水圧で圧縮され、濃密な酸素で肺が満たされるからです。
永遠に此処に留まっていたい、そう思うほどです。

さらに潜り 5m・・・
このあたりから先へ進むと、フィンの動きを止めても
体が浮き上がることはありません。
ゆっくりと沈んでゆくのです。
6m、8m・・・肺がさらに圧縮されもはや浮力は働きません。

仰向けになり空を見る・・・
あの光の中に再び戻るには、自らの 意志でフィンを力強く蹴らなければ
なりません。

この、“命の縁にいる” という感覚がたまらないのです。

海から力をもらい、また都会に戻ってくるのです。

8月25・26・27・28日・・・命の洗濯に行ってきます。

 
 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する