FC2ブログ
SEO

蝶の恩返し

  • 2015/10/04(日) 15:51:50


昨日、ちょっと不思議なことがありました・・・

昼間、店の外に出て模様替えをしたウィンドーのチェックをしていたとき
一頭の蝶が車道上に飛んできました。
羽ばたきの少ない滑空スタイルで、タテハチョウ系だということは
すぐに判りました。
実は、店主はタテハチョウの飛び方がとても好きなのです。

と、そこへ正面から車が・・・
一台目は、フロントガラスに沿って流れる空気の流れに乗って
難なく逃れましたが、二台目はまさに正面だったのでしょう。
車が通り過ぎた後の車道上に翅を広げて落ちていました。

ピクリともせず、かといって轢かれたようでもなかったので
このままではいずれ潰されてしまうと思い、急いで駆けつけて
手のひらに乗せてもどりました。

診ると翅を閉じ足を少し動かして・・・脳震とう?

歩道の植え込みの葉の上に置くと、それでも自分の足でしっかりと
つかまり、2・3回翅を動かしてから飛び立ちました。
でもすぐに歩道上に落ちてしまいました。
何度か飛び上がったのですが、一方向に傾きすぐに落ちてしまうのです。

放っておくのも忍びなく、再び手に取り我が家の屋上に運び
鉢植えのハイビスカスの葉に留まらせました。
翅を大きく広げじっとしていたので、こんどはそのままにして仕事に
もどったのです。

2時間ほどして見に行くと、ハイビスカスの葉の上にも、周辺にも蝶は
見当たりませんでした。
きっと元気に飛んでいったのだと思い、安堵してその場を去ろうとしたとき
どこからか一頭の蝶が飛んできて、腰のすぐ脇を翅が触れるほどに
かすめてゆったりと飛んでから、手摺りを越えてどこまでもゆっくりと優雅
に飛んでゆきました。
快復した自分の姿を見せるかのように・・・

“さっきの蝶だ” 手摺りに手を置きその蝶を見送りながら、ほんわかとした
幸せな気分になっていました。

心のこもらない言葉だけがすべる、どこかの国の今の首相は、
きっとこんな感性も幸福観も持ち合わせてはいなのだろう・・・
不幸な国、そして国民


ウラギンヒョウモン    北隆館 日本の蝶

PA052982.jpgPA233021.jpg
    
PA052984.jpg
                                                                                                                                                                                                                                                         

 
 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する