FC2ブログ
SEO

犬も歩けば・・・

  • 2015/05/31(日) 23:29:02


P5212617.jpgP5212618.jpg
つい最近、いつもの日曜日の都内散策で  時打ちの数取り機構の重りですが
珍しいものを見つけました。
            こんな装飾が施されています。
本では見たことがあるのですが、実物を     残念なことに機械部のみで、本体も
見るのは初めてです。                振り子も重りもありませんでした。
なんと! ピンホィール式脱進機のホール    まあ、それだから店主が持ち帰れる
クロックです。                     価格だったのでしょう。
                              ラッキーというべきかもしれません。
P5312672.jpg P5312671.jpg
これがその本・・・               ピンホィール式脱進機の構造です。
48年前、時計の職業訓練校に通って
いた時に
購入したものです。

P5212611.jpg P5212613.jpg
フェースです。                 この帆船が振り子の動きで左右に
6時部が切り抜かれて、帆船が取り付   揺れるのです。
けられています。               思うにこれは、後年に改造されたもの
                         と思います。さらに12時部のロゴ?
                         が塗り潰されていることからすると、
                         この状態で売られていたのかもしれ
                         ません。

機械のオーバーホールが済んだら、D.I.Y.で本体を創ってみます。
もちろん、重りと振り子も何か考えてみるつもりです。

 
 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する