FC2ブログ
SEO

快晴の憲法記念日

  • 2015/05/06(水) 23:25:39

2015.5.3 横浜臨港パーク
P5032587.jpg

存亡の危機にさらされている現日本国憲法をなんとしても守りたい!


そんな思いを抱く人達が主催者の予想を超える3万人以上も集いました。

有史以来の人類の殺戮の歴史・・・高度に文明を発達させた今の人類にも
その歴史に終止符を打つことはできないのだろうか?

加速度的なスピードで進化した科学力はバーチャルゲームのように、さらに
心の痛みを感じることなく大量の殺戮を可能にさせている。

実際に戦火に身を置いたことの無い自分が、戦火の中で生まれ、命の恐怖の
中で生きてきた人々の気持ちに寄り添うことは、到底できるものではない。
ただ、日々知らされる遠い世界での悲惨な戦争のニュースに、戦後70年平和
憲法に守られ、殺し殺されること無く生きてこられた幸せに思いを致すことは
できる。

そんな日本がすべきことは、兵器を持って遠い地域へ出かけて行くことでは
ない。
戦争の中で生きて来ざるを得なかった人々の悲しみ、苦しみ、そして憎しみを
分かる筈のない我々(実際に戦場に赴くことの無い政治家は言うまでもなく)が
兵器を肩にそれらの闘いに安易に関わることは、思い上がり以外の何者でも
ない。

Show the flag ! Boots on the ground !
そんな言葉に後ろめたさを感じることはない。
武器に頼らない平和日本の旗を堂々とかざせばよい。
国際政治の場で一時白眼視されようとも甘受すればよい。
所詮、政治は金の上に立脚しているのだから。

力で抑えつけられた力は、いずれまたどこかで爆発する。

たとえ歩みは遅くとも武器に頼らぬ平和・・・
誰かが勇気を持ってそれ(誰かの造語をあえて借りれば、これこそが用法に誤り
の無い積極的平和主義)を始めなければ、殺戮の戦場は拡大するばかりでは
ないのだろうか。

2015.5.3 お台場 オクトーバーフェスト

P5032592.jpgP5032594(2).jpg
おいしいビールの飲める穏やかな日常に乾杯!

 
 

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する